方位マイスター林巨征の公式サイトです。

林巨征公式サイト
僕はこんな本を読んできた。1 
よく、初心者の方から、どの本を読めばよいのか質問を受ける。数多の占術書が出版されている現状、取り組むべき 書物の選択は慎重にならざるを得ないであろう。確かにこの分野は、最初に読んだ本の影響を受けやすいものだ。 本人の性格にもよると思うが

最初に身につけたことはなかなか捨てきれるものではない。そこで、このコーナーでは、私、林巨征が30年間に渡り、どのような本を読んできたかを、書評も含めて公開したい。ここで公開したものは、 絶版になっているものも多いが、すべて書店で購入したものであり、師匠についたときに配られたものは除く。なお書物そのものは、著者が心血を注いで執筆したものであり、内容に関しての無責任な批判はさけるべき、という考えであり、自分の勉強してきたことと、違うことが記載されていても「内容が間違っている」という表現は一切行うつもりはない

1 断易

最初に、この分野を勉強始めたときには、藤田善三郎先生の著作が新刊として販売されており、価格も数千円で入手できました。現代では古書として5万円以上の価格で取引されております。尤もこの3部作は易冒などの古典の和訳本であり、原書の入手はたやすいですし、藤田先生以外の和訳本も比較的安価で入手できます。 いずれにせよ、なかなかよい本が見つからない分野ですが、最近鴨書店から復刻版が多く出版されるようになりました。その中でも「三文易講話」天野真人著は、最高の名著だと思います。特に後半の事例集はいささか内容的に古い題材ですが、判断を行う上で参考になりました。ほかに菅原壮先生の「断易入門」東洋書院版は格好の入門書です。ただし、占断事例は載っていません。ほかにもいろいろあるようですが、この二冊だけで十分占断はできるようになります。むしろ、実占経験がものをいう世界ではないでしょうか。ほかに読んだ本としては歌丸光四郎先生の「断易釈故」私家版がありますが、大変入手しにくい本ですので、 解説は省略します。 巨征断易事始でも取り上げましたが、易八大先生の弟子である雪之靜先生が「現代断易実践」上、中を私家版ですが発行されました。原書房でも鴨書店でも入手できます。今まで、市販本には明かされていなかった、爻冲爻合について詳しく述べられています(中巻)。題名通り実践集です。自分は大変参考になりました。

入手可能な必読書
1.断易入門    菅原壮
2.断易精蘊    九鬼盛隆
3.三文易講話   天野真人
4.五行易直載   易八大
5.現代断易実践  雪之靜

巨征断易事始め-まとめHOME占術自分史 1

風水*happy*方位術

風水*happy*方位術

ニュース

カテゴリーリスト

書籍のご案内