方位マイスター林巨征の公式サイトです。

林巨征公式サイト
書評:全伝奇門遁甲(上巻) 黒門著 東洋書院刊 
黒門遁甲本
 昨年末発表されて、漸くアマゾンで入手できた、黒門先生、久々の奇門遁甲の専門書である。同じ出版社の活盤奇門遁甲精義以来だ。手にとって見ればわかるが、ハードカバーの専門書といった雰囲気である。読んだらすぐ実践できるという実用書ではない。読者はじっくり読んで、自分なりに内容を噛み砕いて、いくつもの身の回りの実例を研究し、始めて実践できるまでの能力が得られる貴重な著作である。価格もそれなりに高価なものだが、それだけの価値はあるだろう。
 
 さて内容であるが、我が国初めての奇門遁甲の本来の使い方を説明したものと思う。小生がいつも主張する「奇門遁甲は占断の術」であることを全面に押し出し、またお弟子さんの占断実例を非常に多く、失物占、病占、恋愛占などの分野別に記載してある。占術家にとっては占例は萬金の値とされており、同著はこれに従った編集だ。
 
 元来、方位術としてしか見做されていなかった同術の占断例は、なかなか入手できなかったが、本著によって始めて、それも大量に公開されたことになる。
占断術は、多くの術士が実際に使用して占断例を発表していくことによって、錬られていくものである。周易や断易、六壬はまさにこのプロセスを経て、今があると思う。同著が発端となって、奇門遁甲が占断術として、多くの術者が使用するようになり、やがては現在の周易、断易や六壬と並ぶ占断術になって欲しいと思う。
 
 方位術としての利用法は、少しだけ紹介されているが同著のメインではない。これは奇門遁甲を命理術として使用することも同様だろう。ちなみに林巨征の私見であるが、方位術としての奇門遁甲は、営業活動を通じて非常に多く使用する機会を得られたが、効果が実感できなかったので、自分は現在は使用していないし、人にも薦めていない。
 
 下巻は3月の発売とのことだが、韓国の奇門が公表されるようだ。今から非常に楽しみである。ぜひ、下巻が恙無く発行されること心より願う。

自由が丘講習会参加のお礼HOME書評:玄空飛星派風水大全 山道帰一著 太玄社刊

風水*happy*方位術

風水*happy*方位術

ニュース

カテゴリーリスト

書籍のご案内