方位マイスター林巨征の公式サイトです。

林巨征公式サイト
書評:紫微斗数古訣神探 東洋書院刊 
紫微斗数古訣神探
 久々の書評である。
 最近、紫微斗数の専門書の出版が目立つ。入門書ではないので、それなりに高価であるが、発行部数も限られてくるので、致し方ないところだ。むしろ、講習会に出席するよりも自宅で奥深くまで学べるのだから、研究者としては大歓迎だ。

 今回は、紫天十二宮会編集の「紫微斗数古訣神探」という著作を取り上げる。なんともすごい題名であるが、本著の趣旨として、術士が今までにトランザクションした、秘儀秘伝、判断方法などを整理取りまとめを行ったものということであるので、それにふさわしい題名だろう。

 手にとって驚いたことは、お決まりの作盤方法と巻末の万年暦が省かれていることである。これは専門書だから許される特権だと思う。メリットとしては、350頁に渡る大著のほとんどが解説に費やされていることだ。現在まで発売された紫微斗数本の中では最も詳しく説明がなされている、と感じる。

 内容であるが、原点回帰の一言だ。どうも最近の紫微本は四化星の運用に重きをおいていたものだが、本著では、主星や副星など星の解説にもっとも頁を割いている。本著の第一部で200頁以上がこれに充てられているのだ。
 また今まで軽視されがちであった乙級星や丙級丁級戊級の星までも扱っている。特に乙級星の説明は刮目すべき内容である。実は乙級といえども主星と同等の働きを示すことがあるからだ。

 第二部では、十二宮に判断の主眼を移し、宮単位での解説が行われる。判断をするうえで最も役に立つ内容だと思われる。第二部第二章では四化星の運用についても触れているが10頁程度の解説に止まる。第三部は事例の研究だ。

 本著は、中級を謳っているが、紫微斗数の初心者が読んだとしても全く問題がない。その理由は作盤については、PCやスマホのアプリで十分対応できるからである。私も、本著358頁に紹介されている「文墨天機紫微斗数」を愛用している。

 さて、次回作への期待であるが、後天運、すなわち大運、年運(小限か太歳かの議論も含め)月運などの解説書が欲しい。紫天十二宮会のますますの発展を祈念するものである。

 



11月度月例講習会 無事終了HOME11月度 月例講習会のご案内

風水*happy*方位術

風水*happy*方位術

ニュース

カテゴリーリスト

書籍のご案内