方位マイスター林巨征の公式サイトです。

林巨征公式サイト
書評:風水・擇日・奇門 万年暦【増補改訂版】 
万年暦
 大玄社より、すばらしい万年暦が発売された。著者は山道帰一先生である。以前発売されたものの増補改訂版ということであるが、中身は大幅に進化している。前作の問題点が、すべて解決されているからだ。
 ハード面では、装丁が格段によくなった。表紙がビニールで覆われており、また綴じの方も頑丈になった。にも関わらず、重量はそれほど重くない。我々占術家が毎日持ち歩き、ガリガリ使用するに耐えうる作りとなった。これは非常にうれしい進化だ。
 ソフト面では、前回のものに比べ、奇門遁甲の時家局数と日紫白が追加になった。このため、奇門遁甲時盤を使う術士にとっては、非常にうれしい情報の追加となった。また日紫白とは日の九星(一白水星~九紫火星)である。この日の九星は日本と台湾とで配付方法が異なる。本著は台湾式を採用している。この配付方法の違いは、かつて内藤文穏師が自著の奇門遁甲密義で解説したものであるが、台湾式の九星が掲載されたものは鮑黎明師の東洋書院版の万年暦が実際に発売されただけであった。もちろん今は絶版だが。
今回これが、一般書として発売されたのは非常にうれしい。
そこで、九星気学家に提案なのだが、四盤掛けや日盤鑑定など日の九星を使用する術で、従来の日本式と本著の主張する台湾式とで具体的に占って結果を比較してほしい。決着は簡単につくまいが興味のある話である。
 このようにすばらしい万年暦であるので、東洋系の術士はぜひ入手してほしいものだ。


HOME書評:完全定本 暦大全 山道帰一著 河出書房新社刊

風水*happy*方位術

風水*happy*方位術

ニュース

カテゴリーリスト

書籍のご案内