方位マイスター林巨征の公式サイトです。

林巨征公式サイト
書評:鍾福堂通書 2022年版  太玄社刊 
通書2022
年も押し迫った12月23日、太玄社さんより来年の通書が発行された。

我が国では、様々な運勢暦が発行されるが、台湾ではそれが通書になる。双方とも目的は、様々な生活行事の日取りであり、やはり開運を目指すものである。

今回の通書と我が国の暦と徹底的に異なる点は、日選びの拠り所とする技法が非常に多岐に渡り、また奥深いものであるところだ。

実際に手にとって見ればわかるが、吉凶の判断要素が非常に多いのである。そこで読者の皆様には、本著130ページからの「日家吉凶神」を一旦目を通して、要素(吉凶神)を頭に入れてから、第五章の日暦を参照すれば良い。もちろんその逆でも構わない。毎日、出勤前に当日のページを開け、どんな吉凶神が付いているかを、その日の特質を頭に入れてから、家を出るのも一法だ。

自分は、出張やイベントなどの予定には、本著にて必ずチェックを入れてから、ことに臨むようにしている。

いずれにせよ、このような大著を毎年発行される山道帰一先生のバイタリティーには、本心より敬服する。数多くの大著を今まで発表されてきたが、先生は、現在は通書を我が国に広めることに注力されているとうかがう。

プロの占術家のみならず、多くの一般の方々にも広まってほしい一冊である。



書評:奇門遁甲占法秘訣 安藤成龍著HOME【書評】断易の教科書 下巻 東洋書院刊

風水*happy*方位術

風水*happy*方位術

ニュース

カテゴリーリスト

書籍のご案内