方位マイスター林巨征の公式サイトです。

林巨征公式サイト
書評:奇門遁甲占法秘訣 安藤成龍著 
奇門遁甲吉村全伝奇門遁甲(黒門著)以来、久々の奇門遁甲の大著が発行された。著者の安藤成龍先生は広島にてご活躍の術士であり、有力なる中国術士との繋がりが深く、エネルギッシュな紳士である。今回は、先生が今まで深く温存してきた奇門遁甲に関する知見を、すべて表現した快作といえよう。

今ではよく知られている奇門遁甲という術であるが、この著は言うまでもなく「方位術」を解説したものではなく、本来の正当な使い方である「占断術」を解説したものである。そもそも奇門遁甲が方位術であるという定義は、昭和40年代よりの某流派の刷り込みであって、大変な誤謬である。また、生年月日をもとに遁甲盤を作成して「命理術」として使用することも同様に大誤謬だ。

本著は、全伝奇門遁甲(黒門著)に続く、占断術としての奇門遁甲を解説したもので、使い方としては、全く正当なものだ。中国の古典や、我が国の戦前の遁甲書もすべて占断術としてしか記していないのも、それを裏付けている。なお、自分(林巨征)は、5年間に渡って、週2回程度の国内移動でデータを採取したが、奇門遁甲は方位術としては、全く答えを出さなかった。

さて、本著であるが、作盤、運用、占例の三点から構成されている。特に占例は安藤先生のお弟子さんや知り合い、あるいは海外の知己の例をトランザクションしたものであり、極めて有用である。読者は何度も読み返して、ポイントを掴んでほしい。

この著作で一番素晴らしい箇所は、83ページから93ページまでの「3.目的別占断法」の部分である。どうか初学者は、この中の図だけでも、手元のノートに書き写して、判断時に常に参照するようにしてほしい。必ず的確な結果を出すと思う。

加えて、93ページからの「4.奇門遁甲と行動」の節は、安藤先生からの戒めとして、ぜひ頭に入れてほしい。これは奇門遁甲を方位術として用いてきたことに対する警鐘でもある。要は目的に向かって然るべきアクションを取らなければ、結果は出ないよ」という至極当然なことである。特に今までは奇門遁甲を好む人は、方位さえ取れば都合の良いことが向こうからやってくると思いがちであった。

東洋占術を行う術士は、ぜひ手にとっていただきたい一冊である。本著のような快作が5000円以下で入手できることは、我々のように暴力的な価格の占本を購入してきた者にとっては、極めて幸福なことである。

続きを読む

書評:鍾福堂通書 2022年版  太玄社刊 
通書2022
年も押し迫った12月23日、太玄社さんより来年の通書が発行された。

我が国では、様々な運勢暦が発行されるが、台湾ではそれが通書になる。双方とも目的は、様々な生活行事の日取りであり、やはり開運を目指すものである。

今回の通書と我が国の暦と徹底的に異なる点は、日選びの拠り所とする技法が非常に多岐に渡り、また奥深いものであるところだ。

実際に手にとって見ればわかるが、吉凶の判断要素が非常に多いのである。そこで読者の皆様には、本著130ページからの「日家吉凶神」を一旦目を通して、要素(吉凶神)を頭に入れてから、第五章の日暦を参照すれば良い。もちろんその逆でも構わない。毎日、出勤前に当日のページを開け、どんな吉凶神が付いているかを、その日の特質を頭に入れてから、家を出るのも一法だ。

自分は、出張やイベントなどの予定には、本著にて必ずチェックを入れてから、ことに臨むようにしている。

いずれにせよ、このような大著を毎年発行される山道帰一先生のバイタリティーには、本心より敬服する。数多くの大著を今まで発表されてきたが、先生は、現在は通書を我が国に広めることに注力されているとうかがう。

プロの占術家のみならず、多くの一般の方々にも広まってほしい一冊である。


続きを読む

【書評】断易の教科書 下巻 東洋書院刊 
断易の教科書下巻
 今般、上巻に続いて下巻が発売されたので早速入手。大変おもしろかったので一晩で読破した。有力な断易本が出版されるのは実に嬉しいことだ。今回の上下巻揃ったことで、九鬼盛隆、浜崎洋至につながる、令和の断易基本書が完成したと思う。術者は前述の九鬼本や浜崎本より先に本著を読破してほしい。

 さて下巻の内容であるが、占例集が中心であるが、上巻で述べきれなかった付随的な解説が加えられている。この解説がなかなかのもの。欲しい、知りたい事項が満載だ。

 本著のポイントは、占断結果の解説について断の部と象の部を明確に区別したこと、および吉の要素と凶の要素が複数絡んだ場合の判断方法の明確化である。

 前者については、吉あるいは凶という最終的な結果を「断」となして、それに付随する様々な物語を「象」となし独立して解説をしたものである。多くの占例集はこのあたりが不明確なものが多く、特に「象」の部分は、占者の勝手な妄想ととれる説明も散見された。あるいは、より詳細な状況を知る占者が、占いと関係なく説明を加えていたかもしれない。その点、本著は占断結果というエビデンスを根拠として「象」を解説している。これは極めて重要なことだ。

 後者については、初心者が一番苦手な部分だと思う。特に自分のことを占った場合は、吉の要素に目が行きがちである。某派のように点数化することも方法の一つであるが、点数化のロジックは極めて困難であり、恣意的な部分も見受けられる。

 なお、ネタバレになってしまうが、断易を用いた方位術として、「子孫の十二支の方位に移動する」という話である。かつて易八大師や歌丸光四郎師がその著書で公開しているが、なかなか面白い吉方位選定方法である。私も納音法と組み合わせて、よく利用している方法である。

 上巻を購入された方は100%購入されると思うが、断易に詳しい術士が本著だけ単独で購入しても嬉しい内容である。ぜひ手にとってほしい傑作である。

続きを読む

Tips・Brainでの秘儀秘伝公開 講座追加 
講座を以下の3点、追加しました。ぜひご活用ください。

単発講座
⑥ 五行の基礎と相性占法
⑦ 九星魂魄伝

専門講座・虎の巻シリーズ
⑤ 八陣天眼通

特に「八陣天眼通」は、大島中堂や新井白蛾の古典を参照して、研究してきた方位術的易占術です。
今回初公開です。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
方位術を始めとして、今まで溜め込んできた実証済の秘儀秘伝を、わかりやすく文書に編集し直して、全て公開することにしました。

現在のところ、以下のコンテンツを公開しております。
現在のところ、非常に安価で提供しておりますが、折を見て値上げを予定しております。

皆様のご活用をお待ちしております。

単発講座
① 応用気学用神論
② 高等気学陰陽同会法
③ 十二支による方位術入門
④ 応用気学行運観法
⑤ 金函玉鏡家相術

専門講座・虎の巻シリーズ
① 納音法虎の巻(動画解説付き)
② 日盤挨星法虎の巻(動画解説付き)
③ 金函玉鏡虎の巻
④ 九星気学虎の巻

公開場所は以下です。どちらも、価格などの条件は同一です。

① Tipsでの公開 
Tipsの特徴は、文書をPDFでダウンロードできることです。
 https://tips.jp/u/hayashi-kosei

② Brainでの公開
Brainの特徴は、アフリエイトです。皆様に販売していただければ、売価の50%をお渡しします。貼り付け用のバナーを作り、皆様のサイトやtwitterに貼り付けます。
 https://brain-market.com/u/hayashi-kosei

以上、よろしくお願いいたします。

続きを読む

Brainで解説書発売 その2 
前回に引き続き、Brainに解説書をアップしました。「納音法 虎の巻」「日盤挨星法 虎の巻」の二点です。

いずれも、今まで未公開の秘儀秘伝を掲載しております。また、双方とも解説動画が付属しております。
ぜひご購入頂ますよう、よろしくお願いいたします。

納音法サムネイル

日盤挨星法サムネイル

続きを読む

   

風水*happy*方位術

風水*happy*方位術

ニュース

カテゴリーリスト

書籍のご案内