方位マイスター林巨征の公式サイトです。

林巨征公式サイト
2018年度上期吉方位表の発売 
各位

 2018年4月~2018年9月分の吉方位表を製作いたしますので、ご案内申し上げます。
内容は前回同様、金函玉鏡を用いた毎日の吉方位と納音法を用いた起死回生の吉方位を半年分掲載しております。

  今回も引き続き、納音日月同会盤による吉方位を掲載しております(気学の同会盤とはまったく異なるものです)。
 
これは、月盤と日盤の納音吉方位を重ねたもので、従来の短期旅行のみならず、数週間に渡る長期旅行や、住まいの移転にも充分活用できるものです。
 
 この同会盤は1回の方位取りのみで十分な効果が期待できるのものです。
勿論、複数回の実行なら、なおのこと効果が期待できます。
 
 私は過去2回、住所移転を行いましたが、いずれもこの納音日月同会盤を用いました。



前回同様、メールにて予約を受け付けます。
締切ですが、2月28日で一旦締めます。その場合は、3月初旬に発送します。
最終予約期限は3月10日としますが、3月下旬の発送になります。

ご希望の方は、こちらの申し込みフォームにて、ご予約ください。

あるいは、メールにて

   ・送付先住所
   ・電話番号
   ・氏名
   ・過去購入実績の有無

をお知らせ下さい。

電話番号の記載をお忘れ無きようにお願いします。

申し込み用のメールアドレスは、以下になります。
kosei_hayasi@yahoo.co.jp


価格は、初回申し込みの方は15000円、
過去に購入実績のある方は13000円です。
商品に郵便貯金振替用紙を同封します。

ご予約をお待ちしております。
                          以上

続きを読む

書評 龍神さまの《ご利益》がわかる本 大法輪閣 
hanedaryuujinn

今回は仏教書である。羽田守快先生が大法輪閣より出されている一連の入門書の最新作である。
このシリースは、観音さま、聖天さま、お地蔵さま、不動明王など一連の神仏をタイトルとして、それについて詳しく論評し信仰の一助とした内容で、どの著作も大変詳しく解説がなされている。しかも、入門書としての体裁は外すことなく、初心者にもわかりやすい解説だ。

今回の著作は龍神さまである。最近多くの龍をテーマとしたスピ本が発行されている。龍がタイトルに有るだけで、そこそこの売れ行きなのだから、スピ本出版社としては美味しい話だろう。多数の著作が書店に並んでいるので、読んだ方も多いと思うが、「別に龍でなくても」というのが正直な意見だった。

本著は、宗教的側面から捉えた信仰の対象としての龍(というよりも龍神)であり、従来書とは一線を画す内容だ。むしろ全国の寺社にお祀りされている龍神(あるいは龍王)について、詳しい考察がなされ、信仰のためのガイドの役割を果たす好著である。

ぜひ、手にとってほしい一冊である。

続きを読む

書評 レムリア古神道の魔法で面白いほど願いはかなう!大野百合子著 
oonoyuriko

 日本の神様カード、神託カードで有名な大野百合子先生の単行本である。
サブタイトルがついていて、古代日本の祈りがおこす奇跡、とある。
 書店で手に取ったときは、凡百のスピ本かと思ったが、読み進めていくうちに驚くべき内容であったのだ。前半は確かにレムリアという単語が示すとおり、スピリチュアル的な内容で、苦手な人は苦手だと思う。ところが後半は神道の行法が紹介されているのである。特に第4章の古神道実践編は驚愕すべき内容だ。もちろん専門的に修行されている行者の方々は、八幡書店の大宮司朗先生の著作等で研究されていると思うが、基本的な神道行法の知識を得て、毎日実践したいアマチュアの方々にとっては、本書の内容は素晴らしい。しかも一般書で廉価なもので、簡単に入手できる。

 具体的には、禊と祓い、鎮魂法、言霊、振魂、まじなひなど一連の行法が簡単に紹介されている。この4章だけでも、1万円もする専門書に匹敵する内容だ。

皆様にはスピ本の一つと思わずに、神道行法の紹介本として手に取ってほしい一冊である。

続きを読む

書評:この占いがすごい!―神聖開運占術大全〈2018年版〉 
namikikoyomi波木星龍先生監修の2018年の暦である。

年刊形式で発行されており、連載記事もあるので、毎年発売を楽しみにしている。
ところが、今回は発売時期が大幅に遅延し、実際に入手したのは去年の暮であった。

毎年楽しみにしている波木先生が執筆されている連載記事であるが、「西洋占星術」「タロット占術」「風水」 について詳しく解説されている。特に今回は「風水」の記事で、九星や奇門遁甲などの方位術についての言及があり、自分の研究分野と重なるので興味深かかった。連載が何回続くのかわからないが、今後に期待を持たせる内容だ。

 それ以外の記事は、様々な占術、開運術、スピリチュアルなどのてんこ盛りである。これはこれでなかなか楽しい。その中でも波木先生の得意な四柱推命は深い説明となっているが、昨年とあまり変わり映えしないので、来年からは紫微など他の命理占術やあるいは本格的な西洋占星術の解説もあってもよいのではと思う。

とはいえ、よくぞここまで数多くの占術を集めたものだと感心する。
廉価なものであるので、ぜひ手元に置きたい一冊である。

続きを読む

書評:九つの星で運命を知る 九星術 (説話社占い選書11) 
yaritakyuusei
説話社より、素晴らしい九星術の書物が発行されたので紹介しておく。
著者は鎗田宗准先生、梅花心易の専門書を過去に出されている達人である。今回は占い選書シリーズの廉価は一般書で、非常に求めやすい価格の好著である。

内容は、非常に網羅的であり、九星を用いた術(命理、卜占、方位など)全方位について記載されている。これは入門者にとってはありがたいことだ。
また、これは著者の占術に対するポリシーだと思うが、術のさまざまな局面における異なった見解については、出来る限り「両論併記」がなされており、最終的な判断は読者が実際に術を使用する中で意思決定してほしいとのスタンスである。

一例を上げれば九星暦の問題で、日本式と台湾式とで日の九星配布が異なる部分(冬至夏至の前後)は術者にとって大きな悩みであるが、実際に双方試してから術者に判断を委ねるのである。これは私がまだ初学者のころ、先々代の鴨書店店主鴨志田儀三郎師の教えそのものであり、私もその考えに従うものである。

また本著の素晴らしいところは、卜占の紹介が充実している点だ。これはかなりのベテランでも知りたい内容だと思う。初心者から達人まで広範囲の方々におすすめしたい。

続きを読む

   

風水*happy*方位術

風水*happy*方位術

ニュース

カテゴリーリスト

書籍のご案内