方位マイスター林巨征の公式サイトです。

林巨征公式サイト
書評:ひとノ間 太玄社刊 
ひとノ間太玄社象学新刊の三回目の書評は、「ひとノ間」東野祐三著である。
本著は、1987年に平河出版社より発行された、「象学ー運命の構造」長武寛著の続編として、長武寛先生の遺稿をもとに編集、加筆したものである。
 前著(象学〜)は、東洋占術の基本である十干、十二支、九星の解説と、特に九星の運用について、詳細に述べたものである。30年以上の発行であるが。もちろん現在でも通用する内容だ。この一冊だけで術が運用出来るようになるという完結性はないが、他の術を勉強する際に大きく参考になった。

 さて本著(ひとノ間)であるが、特に九星にフォーカスした展開がなされている。
とくに前半の第1章から第4章までは、伝統的な九星気学の解説であり、初学者にもわかりやすい内容である。
本書のハイライトは、後半の第5章から第11章までの、九星気学や干支学(幹枝学)を基にした、様々なエッセイの部分である。これらは従来の占術本には見られない、貴重な解説だ。要は干支や九星を用いた技術だけでなく、それより後の考え方について述べたものと思われる。
抽象的な文章でもあるが、むしろこれを読みこなして自分のものにしていくことに本著の大きな価値を見出す。これは一般の占術家ではなく、長武寛先生だからこそ解説できたのだろう。

本書は、もちろん一般の占術ファンにもお勧めであるが、実際に占術を生業としている方々にも大変参考になる一冊である。顧客を前にして結果をアドバイスするときに、内容に厚みがでるのではないか。

続きを読む

書評:伯家神道 伝承の系譜 太玄社刊 
伯家神道
今回の書評は、太玄社刊行「伯家神道 伝承の系譜」松濤広徳著について解説する。
本著は天皇家の祭祀を司ったとされる伯家神道に入門し、秘儀を継承した高濱清七郎とその継承者たちの系譜を戦後まで描いている物語である。

むろん、本書で神道行法が解説されているのではない。むしろ歴史的な事実を物語化することによって、様々な秘儀秘伝の紹介や行う際の心得が、幾度も紹介されている。

1章から3章までは、歴史が記されている。
著にもあるとおり、主人公の高濱清七郎は代々その地位にある一族に生を受けたのではなく、外部(岡山の農家)から、入門を許されたとされている。
また彼は伝統を継承するために和学教授所を設立して伯家神道の伝承を民間にも残そうとした二代目継承者の宮内忠正が後を継ぎ、その後門人たちが順番に代表を務めて、最終的に二代目宮内の娘の中村新子(高濱清七郎の孫)が継承した。
実際は高濱の古い弟子たちが中村新子を支えて和学教授所を残そうとしたが戦後の混乱期を経過して、新子の逝去をもって和学教授所も解散した。

本著の最大のクライマックスは、5章の「語らずも知る神の道」、だと思う。
ここでは祝之神事をはじめとして伯家神道の行について述べられている。もちろん具体的な所作では無く、秘儀の概略や実践の心得までではあるが、書籍としては精一杯の内容と思う。著者は斯界の研究家となっているが、おそらく伯家神道の全てを修めた方と思われる。

日本の歴史、宮中の神祇など興味のある方は是非手に取ってほしい一冊である。

続きを読む

書評:ある吉2023年版 太玄社刊 
ある吉2023
 最近、太玄社さんからの新刊がめまぐるしい。しかも著者の情熱が詰まった大著=専門書ばかりだ。順次取り上げて書評を書いていく。
 
 今回は、「ある吉」アーロン千生著を取り上げる。本著は年鑑として、毎年発行される。従って一年間のデータが記載されている。具体的には毎日の二時間単位の吉凶方位と金運・恋愛など用途および日単位の吉方位と用途が、わかりやすくイラストで表現される。一目瞭然で方位の吉凶が判別できる表現である。これは利用者にとっては非常に使いやすい。
 
 吉凶を算出する根拠は、奇門遁甲という中国占術を用いてある。この術は術者によって、様々なバリエーションが存在する。自分は当該術に関して、いくつものバリエーションを実験してきた。最初は透派の立向・座山盤、次に武田考玄先生の四柱推命の用神(喜神)を吉方位とする技法、あるいは、当時神保町の海風書店で購入した台湾本などを試したのであるが、目立った吉凶は感じられなかったのも事実である。

 本著は、大陸系の奇門遁甲を基本としているが、著者の自分の研究や経験に基づく「工夫」が、色濃く加味されていると考える。この「工夫」は一朝一夕で得られるものではない。このためには著者の深い実践に加えて、「この術を使用する方々に幸運が訪れるように願う情熱」も大切だと思う。
 本書を実際に使用してみて、自分が実践していた遁甲が使い方も含めて、正しくなかったと思う。むしろ大陸系の奇門遁甲に「工夫」を加味した本著の実際の効果は刮目した。

 さて、自分の使い方であるが、基本的には二種類あると思う。
1つ目は自宅など固定の場所(太極)からの移動。これは「場所を変えるという行為」に開運を求める。これは方位術の基本となる考えである。
2つ目は奇門遁甲の兵法としての用途を重視する。太極は関係なしに、移動先など自分が現在立っている位置から別の場所に移動することに開運を求める。
もちろん、どちらの用法でも効果を期待するものであるが、自分は2つ目の出先での移動など、吉方位へ動くことに、奇門遁甲本来の用途を見出している。仕事で用いた場合、出先からの移動はよくある話だ。そのとき本著が威力を発揮するのではと考える。

 具体的な用法として、
 ・自宅からの徒歩での移動(散歩)
  距離 500m〜1500m
  もちろん健康増進が第一の目的であるが、プラスアルファも追求する
 ・出先からの移動
  移動時間は、それこそ数分から数十分まで様々であるが、わずか数分の移動で驚くべき効果
 (新規の仕事)が得られたこと何度もある。

 開運を目指す方々には、是非本著を手に取っていただき、実際に試してほしいと思う。そして結果を、その都度記録し、自分なりの手法を見つけてほしい。
また、占術家として、顧客の開運を目指すために、同著のような効果のあるものを取り入れることは素晴らしいことである。

続きを読む

2023年度上期 方位表のご案内 
方位表画像各位

2023年4月〜2023年9月分の吉方位表を製作いたしますので、ご案内申し上げます。

第一部の金函玉鏡を用いた毎日の吉方位は前回と同様ですが、第二部の納音法を用いた起死回生の吉方位を全面的に見直し、納音法本来の使い方である月盤の吉方位を主体に、合わせて易卦の象意を含めた日取りを掲載いたしました。
これによって、旅行のみならず引っ越しに大変有効であり、使い勝手が大幅に向上したと確信しております。


すなわち、方位の吉凶は納音法で担保し、日取りの吉凶は択日法で担保するというものです。
我が国に現存する方位術の中で最高位に位置するものと考えております。
内容については以下の目次を参照して下さい。

目次

・最初にすべきこと

1.地図の準備

2.方位線の記入

・金函玉鏡による毎日の吉方位

用途

目的

移動の目安

出発時刻

移動先で

反対作用

活用方法

具体例

・納音月盤による移転の大吉方位

用途

目的

移動の目安

出発時刻

移動先で

反対作用

活用方法

具体例

・方位取りの作法

木気術

火気術

土気術(お砂取り)

金気術(玉埋め)

水気術(お水取り)

・神社参拝について

・各種方位術の運用

・毎日の吉方位(半年分)散歩や短期旅行に用いる

・毎月の吉方位(半年分)移転や長期旅行に用いる



前回同様、メールにて予約を受け付けます。

締切ですが、2月28日で一旦締めます。その場合は、3月初旬に発送します。

最終予約期限は3月10日としますが、3月下旬の発送になります。


ご希望の方は、本メール(kosei_hayasi@yahoo.co.jp) の返信にて

・商品送付先の郵便番号
・住所
・電話番号
・宛先
・過去購入実績の有無

をお知らせ下さい。
電話番号の記載をお忘れ無きようにお願いします。


価格は、初回申し込みの方は15000円、
過去に購入実績のある方は13000円です。

商品に郵便貯金振替用紙を同封します。

ご予約をお待ちしております。

以上

続きを読む

2022年度下期 方位表のご案内 
方位表画像各位

2022年10月〜2023年3月分の吉方位表を製作いたしますので、ご案内申し上げます。

第一部の金函玉鏡を用いた毎日の吉方位は前回と同様ですが、
第二部の納音法を用いた起死回生の吉方位を全面的に見直し、納音法本来の使い方である月盤の吉方位を主体に、合わせて易卦の象意を含めた日取りを掲載いたしました。
引っ越しを予定されている方は、是非活用していただきたく。

また、日盤納音法にて、方位の吉凶は納音法で担保し、日取りの吉凶は択日法で旅行に使用していただいてもOKです。我が国に現存する方位術の中で最高位に位置するものと考えております。

内容については以下の目次を参照して下さい。

目次

・最初にすべきこと
1.地図の準備
2.方位線の記入
・金函玉鏡による毎日の吉方位
用途
目的
移動の目安
出発時刻
移動先で
反対作用
活用方法
具体例
・納音月盤による移転の大吉方位
用途
目的
移動の目安
出発時刻
移動先で
反対作用
活用方法
具体例
・方位取りの作法
木気術
火気術
土気術(お砂取り)
金気術(玉埋め)
水気術(お水取り)
・神社参拝について
・各種方位術の運用

・毎日の吉方位(半年分)散歩や短期旅行に用いる
・毎月の吉方位(半年分)移転や長期旅行に用いる

価格は、初回15,000円、二回目以降は13,000円です。
振込用紙を同封いたします。


前回同様、メールにて予約を受け付けます。
こちらのアドレスにお願いいたします。
 kosei_hayasi@yahoo.co.jp

締切ですが、8月31日にて、9月初旬の発送になります。

続きを読む

風水*happy*方位術

風水*happy*方位術

ニュース

カテゴリーリスト

書籍のご案内